『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』10

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』の朝食の時、さりげなくランチョンマットの様に和紙に直筆で書かれた句?言葉があるのだ。。。書道の師範クラスの方が、丁寧に、、、一人一人に書いてくれるのだ。 ここを訪れて、 朝食を食べるとき・・・ 初めて宿泊した方も、、、 「どうして自分の事を知っているのだろう?」かと・・・、 思ってしまうのだ。 オーナーが、 オーナ…

続きを読む

『日光東照宮』4

眠り猫はもちろん、今年の干支・・・寅(虎)の彫物もある。。。 十二支の動物と鶴と亀。。。 象もいて、、、 様々な動物達が護っている。。。 東照宮の結界ができている。 そして、 江戸城を中心とする 関東エリアの大きな結界の、、、 鬼門(北)に位置する東照宮。 要所として今尚、 関東を、 日本の首都を、 護り続けている。

続きを読む

『日光東照宮』3

2010年平成22年正月は、東京九段・靖国神社、東京飯田橋・東京大神宮、東京神楽坂・毘沙門天善国寺、日光東照宮、、、最後に東京浅草・浅草寺。。。と初詣の梯子の様相。 だが、個人的な祈願・祈念と言うより、 ご挨拶に伺ったような・・・、 そんな数日だった。。。

続きを読む

『日光東照宮』2

『日光東照宮』の敷地内の建築物の軒先と屋根。。。その後ろの杉の杜、その上に生える空。 そんな景色もまた、清々しく張りつめた空気の中で、、、 気も心も浄化してくれる。。。 そんな、 心地よさの中に身を委ねられたのだ。 スゥーッと透明になるような・・・。。。

続きを読む

『日光東照宮』1

思い立って、一泊で日光東照宮と鬼怒川へ。東武鉄道浅草駅へ向かった。 実は初めての東照宮だった、、、と思うのだ。 中禅寺湖と華厳の滝はおとずれた事があったが、 東照宮と鬼怒川へ来た覚えがない。。。 雪が残る東照宮の境内に 風花も舞い始めて、、、 かなりの寒さだった。。。 だが、 実はこの寒さ・・・ 身が引き締まって好きなのだ。 …

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』9・バー・バローロ(Barolo)

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/ に、昨日4日、去年に引き続き作品を送った。。。去年送ったものではまだ足りなかった事と、メインになる大きめのものを用意して欲しいとの暮れの電話だったのだ。F50号を5点、F30号を4点。。。 そこで、、、ブログも去年の続き。。。 『おやど 二本の葦束』の中の『バー・Ba…

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』8・バー・バローロ(Barolo)

雰囲気は抜群。『二本の葦束』http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/ に新規オープンしたバー「バローロ(Barolo)」。オーナーの佐藤氏。 ペルーノを注いでくれたバーテンダーさん。。。 氷の地球をグラスに入れてオンザロックのスコッチや焼酎を出してくれる・・・。 自分がどこで飲んでいるかが分からなくなりそうだった・・・。。…

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』7・ショップ「あかや」

オーナー作の服、オーナー作のデザイングッズ・・・、2階建てのショップは他にも面白い・・・センスのいいものが揃っている!!! このショップでお土産を買うつもりの次の日は、、、 朝早くは起きられず・・・。 結局寄る時間も取れなかったのだが。。。 こんな渡り廊下がショップに繋がっている。

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』6・ギャラリー「大人公論舎」

『おやど 二本の葦束』http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/の敷地内。今年、文化財の蔵をそのまま移築したギャラリーだ。 湯殿巡りの後、夕暮れ近くにギャラリーへ。。。 多分高床式なのだと思う・・・。靴を脱いで入る。。。 入口を入って右が上の写真。左が下の写真。センスのいいアジアの家具が迎えてくれた。 …

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』4

このシンプルな絵が、敷地内のショップや廊下、ギャラリーの入口等においてある。 誰の作品だろう・・・と、思いきや!!! 服を作り、オープン当初は料理も手がけ、 全てのエクステリア、インテリアを選ぶオーナーご自身のお手に寄るものであった。。。 植物がモチーフのとても印象的な作品は、 敷地内のショップで、タオルや袋等のグッズのデザインにも使われてる。 …

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』3・・・花屋「ききゅう」

『二本の葦束』http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/ の中にある。今年オープンした花屋「ききゅう」。。。最初の画像は、店内にある朝鮮王国・李王朝時代の薬箪笥。オープンしてまだ然程立っていないそうで、引き出しには何も入っていなかったが・・・微かに薬草の残り香がして、ふとほっとした。。。若いオーナーご夫妻が丁寧に迎えてくれた事と、可愛い奥様がとても丁寧に…

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』2・・・湯殿

『おやど 二本の葦束』http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/ に到着後、暫くして湯殿へ。もちろん温泉。最初の画像は、沢山ある中の「竹林の湯」の入口。他に、全て、湯船の作りが違う、半露天の小さめの湯殿が6つ。。。大きめの内湯がひとつ。そして、大露天がひとつ。。。 「竹林の湯」の湯船は下記。 最初に入ったのが、次の2枚。小さめの半露天とはいえ、こ…

続きを読む

『大分県湯布院温泉・おやど 二本の葦束』1

約5000坪の敷地に、様々な和洋の古民家が移築されている。。。『おやど 二本の葦束』http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/。。。佇まいは本当にレトロな風情なのだ。ほっとする・・・。 それぞれの棟が離れのようで、、、 しみじみと・・・ 泊まれる。。。 離れ家、、、 隠れ家、、、 ゆっくり・・・ 自分とも、、、 世間や社会…

続きを読む

『JR九州、大分県由布院駅構外』09年12月11日・金曜日

駅前で客を待つ、ロンドン乗り合いバス。。。と白馬が曳く乗り合い馬車。 人力車を引く、青年もポーズをとってくれた。。。 今月最初の週末、、、 作品・・・せめて作品のファイルを見せてほしいとの連絡を貰った。。。 多忙な方との事だったので、年明けに落ち着いてからでも・・・と思ったのだが、 結局、善は急げ! 年内に直接お会いする事になった! …

続きを読む

『JR九州、大分県由布院駅構内』09年12月11日・金曜日

JR九州、由布院駅で待ち合わせたのは先々週末の12月11日の金曜日。もちろん早朝の航空便で大分空港入り。 1泊2日の大分、湯布院への出張だった。 リムジンバスで湯布院駅へ。。。。。 前夜は、、、 いやいや、前夜も徹夜のまま羽田空港へ向かったため、 機内も大分空港からのバス内も爆睡のため写真がない。。。 九州生まれながら・・・ 実は湯布院はもちろん、大分県内に…

続きを読む

『成田空港・第1ターミナル4F、レストラン「AVION」の壁画』

1999年の3月初旬の完成だった。。。10年以上も経った今年の12月も、その時のままだ。入口のクリスマス・ツリーが嬉しかったりする・・・。 昨日18日に北京へ向かったスタッフN嶋Cが、 デパーチャー直前に携帯で撮影して送信してくれたもの。。。 N嶋Cは、北京の「798芸術区」を取材して、、、 北京原人に会い、 盧溝橋へ寄って、 三泊四日の出張旅行から、、、…

続きを読む

『旅の季節』@北海道中標津~裏摩周~知床

今週行ってきた・・・。と言いたいところなのだが、、、この写真は2004年のもの。古い写真のファイルを見ていたら出てきたのだ。2004年の9月、2泊3日の短いが楽しい取材の旅だった。 編集担当者と作者と自分の北海道取材。北海道の自然を舞台にした、熊と少女の話を絵本にする企画があったのだ。 諸事情で実現はしなかったのだが、 ここのところの好天で旅心がうずく。。。 ちょっと一人旅に…

続きを読む