映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」佐々木芽生(めぐみ)氏、監督・プロデュース作品

公式ホームページhttp://www.herbanddorothy.com/jp/。 3月30日の札幌と東京を皮切りに全国で公開中。。。東京は、新宿ピカデリーTEL03-5367-1144。東京都写真美術館ホール(恵比寿)TEL03-3280-0099。東京都写真美術館ホールでは平日4回の上映中、17時の回は前作も上映中。http://syabi.com/contents/exhibition…

続きを読む

映画「夢売るふたり」試写会:西川美和監督作品@スペースFS汐留/8月27日月曜日

主演:松たか子氏、阿部サダヲ氏。原案・脚本・監督:西川美和氏。共演:田中麗奈氏、鈴木砂羽氏、安藤玉恵氏、江原由夏氏、木村多江氏、倉科カナ氏、伊勢谷友介氏、香川照之氏。笑福亭鶴瓶氏、、、他。http://yumeuru.asmik-ace.co.jp/。。9月8日土曜日、ロードショ―。。。 男女って何??? 夫婦って何??? 人生最大の謎、、、 なかなかシリア…

続きを読む

平成ガメラシリーズ/SF映画・ガメラ2「レギオン襲来」金子修介監督作品

怪獣映画は子ども向け?。そんな既成概念など吹き飛ばす程のクオリティとストーリーなのだ。 たかが怪獣映画と言うなかれ。。。! 1996年、16年も前の劇場公開作品。ストーリーとキャスト他詳細は、 ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ガメラ2_レギオン襲来 にてご参照を! ミニチュアワークとCGを駆使した当時の日本映画としては最先端だった平成ガメラ…

続きを読む

映画ステキな金縛り@東京新宿:バルト9

12月10日、皆既月食の夜。天文ショーの前は久しぶりの映画館だった。三谷幸喜氏監督脚本。深津絵里氏、西田敏行氏、中井貴一氏、竹内結子氏、阿部寛氏、浅野忠信氏、小日向文世氏、戸田恵子氏、草彅剛氏、佐藤浩市氏、市村正親氏、深田恭子氏、生瀬勝久氏他、常連の方々と初三谷組の方々、言わずと知れた超豪華キャストによる、奇想天外な法廷コメディ映画だ。http://www.sutekina-eiga.c…

続きを読む

映画「ツレがうつになりまして。」完成披露試写会@東京・有楽町:丸の内TOEI 1

丸の内TOEI 1は、去年の「行きずりの街」を見に行って以来だ。10月8日土曜日からの全国ロードショー直前の完成披露試写会。舞台挨拶は、宮崎あおい氏、堺 雅人氏、佐々部 清監督が登壇。朝9時からの指定券の引換に並び、そのまま川崎の天井画制作へ向かった。試写会は18時30分開始。 キャストは、宮崎あおい氏、堺 雅人氏の他、吹越満氏、津田寛治氏、犬塚弘氏、梅沢富美男氏、田山涼成氏、大杉蓮氏…

続きを読む

映画「はやぶさ HAYABUSA」完成披露試写会@東京・有楽町:TOHOシネマズ 日劇 スクリーン1

今年10月1日土曜日、全国公開の作品「はやぶさ HAYABUSA」http://hayabusa-movie.com/の完成披露&チャリティ試写会。この試写会の招待に当選した友人が急遽都合が悪くなり、先週末に招待状を譲ってくれた。。。 主要キャストの竹内結子氏、西田敏行氏、高嶋政宏氏、佐野史郎氏、山本耕史氏、鶴見辰吾氏、堤幸彦監督、JAXA名誉教授の的川泰宣氏他の実際のハヤブサ…

続きを読む

ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」劇団☆新感線@東京・新宿:バルト9

舞台は観に行けなかった。6月末から上映中のゲキ×シネでやっと観ることができた。生の舞台は、当然のことながら熱気や迫力が生身に伝わる。だが、ゲキ×シネはそれとは違う、生では見られない、俳優のドアップや繊細で微妙な表情なども伝えてくれる。作:中島かずき氏、演出:いのうえひでのり氏、作詞:森雪之丞氏、出演:古田新太氏、天海祐希氏、涌井健治氏、山本太郎氏、神田沙也加氏、森奈みはる氏、橋本じゅん氏…

続きを読む

映画「暗い日曜日」 on DVD

ハンガリーの首都、ブダペスト。シャンソンの名曲「暗い日曜日」が生まれたカフェを舞台に、美しくも切ない、りりしく生きたひとりの女性の物語。ドイツ&ハンガリーの合作映画。 映像も美しい、、、。 第二次世界大戦前夜から、、、 終戦。。。 気持ちとか、 感情ではない・・・ 男女の恋愛を超えた、 真実の愛! …

続きを読む

マーラー 君に捧げるアダージョ@東京・渋谷:ユーロペース

グスタフ・マーラー生誕150年・没後100年記念作品。パーシー・アドロン&フェリックス・アドロン監督作品。出演:ヨハネス・ジルバーシュナイダー(グスタフ・マーラー)。バーバラ・ロマーナー(アルマ・マーラー)。19世紀末のウィーン。天才作曲家グスタフ・マーラーとその妻アルマの物語。演奏:エサ=ペッカ・サロネン指揮、スウェーデン放送交響楽団。http://www.cetera.co.jp/mahle…

続きを読む

ガラスの使徒(つかい)on DVD:2005年全国公開作品。原作・脚本:唐十郎氏。監督:金守珍氏。

第10回釜山国際映画祭 正式招待作品。唐十郎氏が中島みゆき氏の曲「地上の星」(NHKプロジェクトX主題歌)の世界観に感銘して、原作・脚本・出演の一人三役で創り上げた映像作品。出演:佐藤めぐみ氏、稲荷卓央氏、唐十郎氏、余貴美子氏、六平直政氏、中島みゆき氏、石橋蓮司氏、佐野史郎氏、原田芳雄氏他。 この作品を知ったのは、 唐組・第47回公演「ひやりん児(こ)」花園神社公演の時…

続きを読む

映画『行きずりの街 』阪本順治監督作品。2010年全国東映系公開のDVD、2011年5月21日発売。

DVDに収録された映画「行きずりの街」のメイキング映像では、阪本順治監督、仲村トオル氏、小西真奈美氏他、メインキャストの方々のインタビューも収録されている。その背景に自分の絵画作品も映っている。改めて思った。俳優でも脚本家でもない自分が、この映画「行きずりの街」の中で、あたかも自分自身が出演させていただいているような気がした。発売:東映ビデオ株式会社、税込価格:4935円。 …

続きを読む

料理が幸せを運んでくれる映画3作

「しあわせのかおり」2008年、出演:中谷美紀氏、藤竜也氏、他、監督:三原光尋氏。「南極料理人」2009年、出演:堺雅人氏、生瀬勝久氏、他、監督:沖田修一氏。「食堂かたつむり」2010年、出演:柴咲コウ氏、余貴美子氏、他、監督:富永まい氏。 状況も、 環境も、 料理の内容も、 全く違うこの3作。。。 もちろん、、、 監督、スタッフ、…

続きを読む

映画『僕と妻の1778日の物語』星護監督作品。@博多・天神:東宝、2011年1月26日

1月26日に博多入り。午後に入ったので、夕食前後に少し時間が出来た、初めて博多・天神で映画を観る。『僕と妻の1778日の物語』http://www.bokutsuma.jp/index.html。 草薙剛氏と竹内結子氏の主演。。。 フジテレビ系で放映された 「僕の生きる道」シリーズの初映画化作品。 SF作家の眉村卓氏と 2002年にガンで逝去した夫人との感動の実話が基。…

続きを読む

『松田靜心作品・常設』7@大分・湯布院:ギャラリー「大人公論舎」おやど 二本の葦束内

実はここ「おやど 二本の葦束」」http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/内のギャラリー「大人公論舎」でも、2010年公開の「行きずりの街」http://www.yukizuri.jp/のPRをしてもらっていた。 「行きずりの街」は、 2010年の「湯布院映画祭」http://www.d-b.ne.jp/yufuin-c/でも 上映されていたからな…

続きを読む

『行きずりの街』on DVD

『行きずりの街』、待望のDVD。。。 2011年今年、5月21日土曜日に発売(予定)!!! これでまた、、、 じっくりと、 作品(映画とその中の自分の作品)を、 見直せる。。。

続きを読む

『ASSAULT GIRLS アサルト ガールズ 押井守監督作品』on DVD

脳内のゲームだが、未来はこうなっているかもしれない。少し難解、少し唐突、少しワクワク。。。 登場する女戦士は三人とも美しく格好いい。。。 主演は、黒木メイサ氏。。。 そして、菊地凛子氏。。。 佐伯日菜子氏、の三人。。。 2009年劇場公開前の 新聞の映画紹介記事で気になっていたのだ。。。 映像が本当に美しい・・・ 、、、。。。 …

続きを読む

『SPACE BATTLESHIP ヤマト・山﨑 貴監督作品』@東京・新宿:バルト9にて

http://yamato-movie.net/index.html。1974年。中学2年の時にTVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が初放映されたのだと思う。日曜日の夜7時30分からの放映。全話欠かさずに観ていた。が、最初の放映では確か殆ど人気が出なかった。。。火がついたのは再放送、、、確か鹿児島県立出水高校2年の時だったか。。。文化祭で、約10メートル(ちょっと大袈裟・・・)にもなろうかと言う…

続きを読む

『ハーブ&ドロシー ・・・アートの森の小さな巨人・・・』@東京・渋谷:イメージフォーラム

現代アートを子供にした、、、老夫婦の物語。ドキュメンタリー映画。http://www.herbanddorothy.com/jp/theater/index.html 決して裕福ではない二人、、、 「ハーブ&ドロシー」ヴォーゲル夫妻が、、、 子供のように、、、 家族のように、、、 猫と亀と金魚のように、、、 身の丈を超え…

続きを読む

映画『行きずりの街 』21・絵画展@東京・神田神保町:フランス居酒屋「ラテン地区」

現代陶芸家の伊藤和紀氏、T大学数学科四年生のYO氏、画家の古渡依里子氏と共に神保町「ラテン地区」東京都千代田区神田小川町3-20-12瓔珞ビル2F TEL03-5577-615へ・・・12月16日木曜日の事。。。 現代陶芸家の伊藤和紀氏とT大学数学科四年生のYO氏、、、 の コラボレーションは前回にもまして、、、 息が合っていた。。。

続きを読む

映画『行きずりの街 』20・阪本順治監督作品

映画『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/。http://twitter.com/#!/yukizurinomachi 。上映映画館で販売されているパンフレットの最終ページ。映画のエンドロール、書籍の奥付けにあたるページには、映画の製作に携わった方々の企業名、個人の名前、等々、詳細に記されている。。。 そこに、、、 「絵画:松田靜心」として、、、…

続きを読む

映画『行きずりの街 』19・阪本順治監督作品

小西真奈美氏の色香が、ドキッ!とする。。。映画『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/。http://twitter.com/#!/yukizurinomachi 。 偶然とは言え、、、 小西真奈美氏も自分も、 鹿児島県出身。。。 薩摩川内市と出水市。。。 映画の中とは言え、 「Bar 彩」の店内で飾られている絵画作品は…

続きを読む

映画『行きずりの街 』18・阪本順治監督作品・主題歌のこと

映画『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/。http://twitter.com/#!/yukizurinomachi 。の主題歌のプロデュースが小室哲哉氏。もちろん作曲も。歌は若手実力派ジャズシンガーのmeg氏。作詞が湯川れい子氏なのだ。実はここにも不思議な縁があった。。。 これも15年以上前の事。。。 友人に誘われて行った、新宿のBar。。。 …

続きを読む

映画『行きずりの街 』16・阪本順治監督作品・・・もうすぐ終了間近。

映画『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/が、富山と高知を除いてほぼ今週末から次週前半で終了する。。。 もう一度、、、何とか、、、 来週始めには観に行こうかと思っている。。。 TVでの映画の宣伝はなかったにも関わらず、、、 チラシを渡すと、、、 思いのほか、 いろいろな方が観たいと思っていたのは・・・・・、 …

続きを読む

映画『行きずりの街 』12・阪本順治監督作品。東映系で全国公開中。

映画『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/絵画展は この最初の画像2点は、映画『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/の中で、ヒロイン手塚雅子(小西真奈美氏役)が実母(江波杏子氏役)から譲り受けて経営するBar「彩」のカウンター席の壁面にある。。。 主人公、波多野和郎(仲村トオル役)が12年ぶりに東京麻布で再会するシーン。回想も含…

続きを読む

映画『行きずりの街 』10・・・全国公開中。

『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/ 公開記念に頂いたポスター。映画館のバックライトの看板用の大判のもの。。。 銀座のギャラリー58の入口近く、、、 ビル4Fの踊り場の壁面にも貼って頂いている。。。 ギャラリーから出たとたん、、、 眼前に飛び込んでくるのだ。。。 フライヤーも、 展覧会情報と一緒に置い…

続きを読む

映画『行きずりの街 』9・・・全国公開中。

『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/ の原作。志水辰夫作。新潮文庫で今だロングセラーを続けている1991年度「このミステリーがすごい!」第1位。。。 原作はまだ半分しか読んでいないのだが・・・。。。 昨日、、、 株式会社アクエリアス http://www.aquarius-tg.com の用件で銀行に行った。。。 担当者の方と…

続きを読む

映画『行きずりの街 』8・・・全国公開中

『行きずりの街 』http://www.yukizuri.jp/劇場公開版のパンフレットカバーの表と裏だ。。。 試写会の時とは違いhttp://gakuseezoo.at.webry.info/201011/article_14.html、 内容が豊富になっている。。。 仲村トオル氏と小西真奈美氏、 南沢奈央氏(広瀬ゆかり役)、 窪塚洋介氏(中込安広役)、 …

続きを読む

映画『行きずりの街 』7・・・全国公開中。

映画『行きずりの街 』の台本。生まれて初めて手にした本物の映画の台本だった。去年2009年9月下旬のこと。美術監督の小沢秀高氏に15年ぶりに訪ねて来て頂いた時の事、「映画の参考に」と頂いたもの。この時、台本を見てわかったのが監督は阪本順治氏、脚本が丸山昇一氏、原作が志水辰夫氏。それだけだった。打ち合わせの話の中で配役は仲村トオル氏と小西真奈美氏ということを聞いた。 この頃、、、 …

続きを読む