がっくんのちゃぶ台絵話…by松田靜心

アクセスカウンタ

zoom RSS 『平成21年度(第64回)文化庁芸術祭参加公演 全作品初演個展継続15年記念早川和子個展XVIII』

<<   作成日時 : 2009/10/31 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


10月最後の今日、、、新宿の友人の結婚式の二次会の後、神楽坂・音楽の友ホールへ。
15年来デザインの仕事でお世話になっている現代音楽の女流作曲家、早川和子氏の演奏会で10月を締めくくった。。。『個展』となっているので、美術の展覧会と思われたかも知れないが、一人の作曲家の作品だけで行うコンサートも、いつの頃からか・・・『個展』というのだ。

15年間、毎年・・・1回、新作を発表され続けられている。。。

サブタイトルが、
ー室内楽作品「萌盛豪和」(ほうせいごうわ)ー(全作品初演)。

演奏者の皆さん、
ヴァイオリン、ヴィオラ、
フルート、クラリネット、トランペット、チューバ、ホルン、
パーカッション、ピアノ、、、

すべての方が、日本のトップの奏者の方々。。。

そして、曲にはすべて漢字一文字のタイトルが付けられている。

早川和子氏の永年のテーマ、

日本の文化、音楽を、
西洋の楽器・音楽理論で表現したい、、、

両文化の音楽的融合をずっと試みられている。。。


音楽も絵画も、、、

コンテンポラリーな作品が世に受け入れられるには、
時間が必要なのだ。


自分自身が新作で15年間発表し続ける・・・
そんな事を考えてみると、

どれだけ途方もなく、
エネルギーを継続出来るだろうかと思う。。。

当たり前の様に

「継続は力」

・・・なんて言いようもない程の

音楽への、
曲創りへの愛情に溢れているのだ!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

松田靜心ツイッター

『平成21年度(第64回)文化庁芸術祭参加公演 全作品初演個展継続15年記念早川和子個展XVIII』 がっくんのちゃぶ台絵話…by松田靜心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる